読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
子連れ旅人 旅育のススメ

子連れ旅行 台湾編 新北投温泉

台北 台湾 子連れ旅 グルメ ホテル

子連れ旅人です。

 

子連れで訪れた4回目の海外旅行先は、台湾の台北でした。

kozuretabibito.hatenablog.com

 

今回は、1泊目に滞在した新北投温泉についてご紹介させていただきたいと思います。

 

新北投温泉はどこ?

新北投温泉は、台北市の中心地から北に位置しています。f:id:kozuretabibito:20170218064216p:plain

台北の中心地からは、台北の地下鉄であるMRT淡水線でアクセスすることができます。(途中北投駅で支線に乗り換え)

所要時間は、MRT利用の場合、台北駅から約30分。松山機場からだと1時間30分弱で行くことができます。

車の場合ですと、松山機場からは30分程度でつくようです。家族連れての移動が大変な場合、タクシー等利用するのもいいかと思います。

これくらいの近さですので、台北市内から日帰りでも十分行くことができます。

台北旅行を予定されていらっしゃる方は、MRTのホームページで最寄りの駅をご確認ください。新北投温泉駅は淡水線R22Aになります。

台北捷運(MRT)公司モバイルサイト

 

新北投温泉はどんなところ?

昔からの温泉地のようです。

日本でも有名なかの加賀屋さんも進出しています。

とても湯量が多いようで、池には高熱の大量の温泉が湧き出ていて、こちらから注ぎ込む川にも湯気が立っていたりします。

 

 

 

ここから駅に向かって約1キロ程度でしょうか?川沿いに公園のようなスペースが広がっており子供と散歩するには快適な場所になっています。

 

 

温泉に入るには?

いくつかの、温泉旅館があります。

戦前からあるような、古びた温泉宿から、加賀屋さんのような高級温泉旅館に加え、私達が宿泊した、水美温泉会館のような現地風の温泉宿など、沢山の選択肢が準備されています。

トリップアドバイザー https://www.tripadvisor.jp/ などのサイトで確認いただき、予算と相談をしながら、好みの温泉宿を選ら部といいと思います。

参考までに、私が滞在しました水美温泉会館は、駅からほど近い温泉ホテル?で、建物は古びてはいますが、なかなか快適に過ごすことができました。

水美溫泉會館 SweetMe Hotspring Resort

f:id:kozuretabibito:20170218070733p:plain

f:id:kozuretabibito:20170218070811p:plain

部屋風呂もなかなかの広さです。

 

部屋風呂に加え、大浴場も準備されています。

日帰でもプライベート風呂や大浴場にも入れるようです。フロントに入ると、日帰り客用と宿泊客用の受付が分かれており、日帰り用には値段も書かれていますので、確認の上入ってみてください。

 

食べるところは?

駅周辺に、飲食店は結構あります。

私たちは、台湾に来たらやはり台湾の美食を味あわねば・・という方針で旅していましたが、台湾では小吃と呼ばれるタイプの店に行くことが多いです。

とても庶民的な料理を出してくれるような店なのです。ここで私の子と奥さんは、生まれて初めて魯肉飯(ルーローハン)と食べて、かつての私同様にハマります。

魯肉飯

 

この魯肉飯というやつは、台湾ではどこの店でも置いてあったりするのですが、店ごとに微妙に味が違い、訪れるたびに食べ歩いてしまいます。私の子も、帰国しても、たまに「るーろーはん」食べたい・・・・と言ったりします。

 

新北投温泉で、ひとっ風呂浴びて、魯肉飯食べるなんて家族旅行。いかがでしょうか?

 

 

関連記事

台北までの飛行機の手配については、こちら

kozuretabibito.hatenablog.com

 

台北のホテルの手配については、こちら

kozuretabibito.hatenablog.com