子連れ旅人 旅育のススメ

海外旅行の道連れ 財布編 ~マネークリップ+小銭入れの提案~

子連れ旅人です。

 

小さいネタですが、私が旅のお供に持っていくものについて取り上げてみたいと思います。今回は、家族旅行でも一人旅でも気になる?お財布についてです。

 

海外旅行に行くと、治安がいいといわれるような場所でも、やはりお金の管理には気を使うとおもいます。どんなガイドブックにも旅行サイトにも、スリには気を付けて。とか書かれていますので。

 

海外旅行時の消費傾向

私の場合、それほど海外で高額なショッピングはしません。

正直ショッピングに興味がないわけではありません。やはりいいものは欲しくなります。

ただ、数十万円もする時計や革製品を見ると、、すぐに頭の中で旅費換算されてしまうのです。

例えば、、

邦貨換算5万円の商品 = 台湾旅行1回分

   10万万円の商品 = 北米行きローシーズンの航空券代

となると、「うーんこの商品は絶対必要なものではないから」、「とか、今持っているのまだ使えるから・・」と、買わずに済まされます。

比較的高額なものを買うとすれば、一人旅した時の家族へのお土産くらいですね。

 

それに加え、食べ物にはこだわりがあるほうだとは思ってはいるのですが、、

特にアジアを旅行するとその傾向が強くなるのですが、

「うーん。この店東京にも進出しているから、ここで食べなくてもいいか・・とか。○○なら東京にもおいしい店あるし・・」

となると、行きつくところが、現地でしか食べられないB級グルメが中心になってしまいます。

シンガポールに行けば、おいしいバクテーの店を求め、台湾に行けばおいしい魯肉飯の食べられる小吃を探し求め、バンコクに行けばどこのフードセンターがおいしいかを考えてしまいます。

 

そうなると、、

好きなクレジットカードの出番が少ない・・と相成るのです。

 

なので、実はあまりクレジットカードは持ち歩きません。ホテルの金庫でお留守番になることが多いです。それに、現金も大量に必要とすることはないのです。

そこで登場するのが、マネークリップと小銭入れのペアです。

 

気軽にポケットに入るマネークリップは、優れもの

現在私が利用しているマネークリップはこちらです。(国内では利用していません)

青い革製です。

 

 

横から見るとこの薄さ。

このくらいの薄さだと、前ポケットに入れてもあまり気になりません。

実は、以前は現金をそのまま持ち歩いていたりしたのですが、カードキーとクレジットカードを入れる場所に困っていたのと、汗や雨でお札がか可哀想な状況になったこともあり、マネークリップを購入しました。 

ちなみに、写真のマネークリップは、バンコクのTerminal21というショッピングモールにあるVAMP UP Designという小さな革製品屋さんで発見しました。

確か500バーツくらい(邦貨換算500円程度)と記憶しておりますが、革の質もデザインも大変気に入っています。

 

クレジットカード大のものが収納できる場所が2か所あるので、クレジットカード1枚(VisaもしくはMaster)をまずは、入れておきます。台湾など比較的JCBの通用度が高く優待が得られる店舗が多い地域に行く場合には、JCBを追加で入れることもあります。また、もう一方の収納場所には、ホテルのカードキーを入れておきます。

ちなみに、選ばれるカードは還元率よりも、現地で不正等が発覚して際にもちゃんときっちり対応してくれそうなカードです。

幸いにこのような被害にあったことはありません。ただ、過去にホテル側の手違いで、二重請求等が発生したことがありました。その際に、三菱UFJニコスカードの対応がよかったこともあり、JALカードは有力候補です。 

あとは現金、現地の物価水準を鑑みて、1日で利用しそうな金額+αを入れておきます。

 

 

公共交通機を利用する際は、小銭入れも大事

日本にいると、交通系の電子マネーが充実しているため、バスや電車利用時にお金を使う機会はだいぶ減ってきました。アジアでも同様に台北・香港・バンコクなどは、電子マネーが結構浸透してきています。

ただ、2泊3日程度だとわざわざこれを発行するかどうか迷います。香港などは、手数料取られたりします。そうなると都度、現金を使うことになります。

ところが、特にバス等はおつりが出ないことが多い・・また、鉄道でもお札で使える券売機の数が限られていたりするので、ある程度小銭を多めに持つようにしています。

私が利用しているのは、こちら。

無印良品で購入したものです。

革製で、結構しっかりしています。

スーツケースのキーなども一緒に入れて、すぐに出せるようにしています。

 

高級レストラン利用時こそお財布の出番かと

ただし、マネークリップ+小銭入れの組み合わせは万能ではないかと思います。

私は、一人旅が多かったので、高級レストランにジャケットを着て入る機会はそれほどありませんでした。ただ、やはりジャケットをびしっと決めていくような場所では、財布で身なりを整えておくのがマナーかと、勝手に思っています。

TPOに合わせて変えるとスマートかと思います。

 

旅先でマネークリップを使うのは、リスク回避の観点からも使いやすさからしても大変有効です。皆様も旅行の際にちょっとしてマネークリップを探されてみてはいかがでしょうか?

 

以上、子連れ旅人でした。

 

 

 

関連記事

旅先に持参する重いPCにお悩みの方。ASUSVIVOブックは軽量で使いやすいですよ。

kozuretabibito.hatenablog.com