子連れ旅人 旅育のススメ

Hilton Honorsのシルバーステータスが更新されていました!

子連れ旅人です。

 

今まで私のブログでは取り扱ってきたことはなかったのですが、マイルと同様にホテルのポイントもぼちぼち貯めていたりします。

 

実は、殆ど貯めてばかりで使ってこなかったのですが、ポイントをもらう楽しさよりも、ステータスが上がることによって受けられるちょっとしたサービスに喜びを感じています。(無料で新聞がつくとか、無料Wi-Fiがつくとかその程度ですが)

 

ほぼどこかのホテルチェーンに泊まり、無料の会員制度を見つけると、入っていたので、ポイントは分散化していますし、正直入っている事を忘れているようなチェーンもあります^^;

 

ただ、そんな中でずーっと細々と利用し続けているのが、ヒルトン・オーナーズです。ヒルトンを利用してきたのには、振り返ってみると2つの大きな理由があります。

f:id:kozuretabibito:20170329061848p:plain

  • ホテルのポイントと航空会社のマイレージの両方を獲得できること
  • 特にアメリカ国内で、ブランドや価格のバリエーションが多彩で、他チェーンに比べて使いやすい

この2点です。

 

 

特にマイルの二重取りは魅力的でした

この仕組みは、過去に改悪された歴史があります。かつては1滞在につき500Mile(ハンプトンインでは100Mile)が付与されていました。いまでは、1ドルにつき1Mileが付与となっています。

私は、この制度を利用し、主として普段利用していないアメリカン航空のマイルを貯めています。アメリカン航空マイレージユナイテッド航空同様に最後に加減算があってから1年半有効という制度ですので、少しずつ貯めるには結構有効です。

気がつけば18,000Mileほどたまっています。(実は、いまだにアメリカン航空は利用したことがありません)JAL国内線を往復で利用できるくらいはたまりました。

そのほか、アメリカ国内での、オープンジョー区間で利用するなどの利用を想定していました。やはりこのポイントとマイル双方が獲得できるメリットは大きい。

f:id:kozuretabibito:20170329061812p:plain

そのほか、加算先のマイレージプランを都度変更することもできるので、航空会社の2倍マイル等のキャンペーンが行われると、都度加算先を変えていました。

 

ヒルトンのシルバーステータス維持には、年4回の滞在もしくは10泊の利用

気がつけば、1997年(当時は学生)からほぼ継続的に使い続け、他のホテルチェーンに比べてハードルの低い年間4回の利用をこなし、毎年シルバーステータスを維持しています。シルバーステータスを持っていると・・

  • 15%のボーナスポイント
  • 5泊以上の特典利用の滞在で、5泊目の料金が無料
  • 2本分の水が無料でつく

という、特典が付きます。

あまりたいしたことではないですが、国内のヒルトン利用の際は、あまり会員がいないのか、チェックインなどは専用カウンターでスムーズにできたりします。

 

2016年の利用はアンカレジのホームウッドスイート1回、平落ちとなっていました。

たまたま、2016年はヒルトンを利用する機会も少なく、「いよいよ格落ちか~」と思っていた矢先に、埋もれていたメールからヒルトンから来たメールを発見!

2017年のステータスに関するメールでした。

f:id:kozuretabibito:20170329062430j:plain

あれ、、、シルバーが維持されている・・

やはり、長年の貢献が評価されたのかな・・・なんて思っています。

それとも、もう一度よりを戻すための作戦??確かに一度平落ちするとステータスを上げるモチベーションがさがり、浮気されるリスクが高いですからね。

 

2017年は、マリオットかスターウッドかヒルトンか迷う

一応、マリオットとスターウッドは、ユナイテッドの特典でゴールドステータスがあるので、それなりに利用し用かとは思っていますが、ヒルトンもこのような提案を行ってくれると、ちょっと迷っています。

(とはいっても、個人的には個性的なホテルも気になりますので、チェーン自体をメインに使っていくかも不明です)

何度か経験させていただいた、なんちゃってゴールド付与されると、ヒルトンメインで行くんですけどね。

 

とりとめのない話でしたが、条件満たさなくてもシルバーステータスが維持された話でした。

 

でも今年は、そもそも旅行に沢山行けるか・・