読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
子連れ旅人 旅育のススメ

子連れ海外旅行 クリスマスの台湾編 やはりイヴらしくないランチを食べる

子連れ旅人です。

 

6回目の子連れの海外旅行は、2016年のクリスマスに台北に行ってまりました。

kozuretabibito.hatenablog.com

 

今回の目的は、「魯肉飯と温泉」というそもそもがクリスマスらしくない組み合わせでした。それでも、やはり食べたいものは食べたい・・

十分に向かう途中瑞芳という街で、魯肉飯を探し求めてみました。

 

そもそも魯肉飯とは?

台湾では、代表的な庶民的な料理のようで、台北の中心部に行くといたるところで、見ることができます。店によって、味付けや肉の大きさが違い、特徴を出しているようです。店によっては、滷肉飯と書くところもあるようです。

牛肉を細かくしたものを煮込みご飯にかけたものや、そぼろのようなものもあったりします。ベースはほんのり甘めの店が多いと思います。

日本でも台湾料理の店でもあまり見かける事がないような気がしますが、台湾ではとてもメジャーな食べ物だと思います。

最近では、無印良品がレトルトの販売をしています。

www.muji.net

早速試してみましたが、ちょっと現地のものとは違うような気がしています。

 

いざ探してみても、なかなかみつからない・・

以前、滞在した台北中心部では、この魯肉飯を見つけるのは大変容易で、たとえば永康街や夜市に行けば、簡単に見つけることができます。

ただ、私が滞在した台北マリオット周辺のような、最近開発されたと思われるような地気には、どちらかというとオシャレ系の店が多く、庶民的な店があまり見つかりませんでした。

 

 

なんでもありそうな美食街を発見。そこは食の遊園地!

でも、ちょっと郊外に出れば見つかるかも・・などと期待を持って瑞芳の街をさまよってみると・・・

 

なんか・・・いい感じの雰囲気の場所が・・

f:id:kozuretabibito:20170406060555j:plain

その名も、美食街・・・

美食ですよ美食・・・

 

早速、中に足を踏み入れてみると・・

f:id:kozuretabibito:20170406060829j:plain

旨そうな雰囲気が漂っています・・

f:id:kozuretabibito:20170406060925j:plain

書かれているメニューは完全に感じです。

そこをイマジネーションを働かせながら何を食べるか胃に聞きながら歩き回るのが楽しい・・

これだけ沢山店があると、結構迷いますが。

個人的には、結構混み合っている店は外れ率が低いです。

 

やはり台湾の庶民料理は旨かった。

魯肉飯とやはり台湾の庶民料理の代表格麻醤麺(マージャー)を中心メンバーに注文を組み立てます。

f:id:kozuretabibito:20170406061227j:plain

やはり、野菜とスープを加え、テーブルはこんな感じに。

 

庶民的な、店だと基本混み合うと相席に。

皆さん、うちの子を可愛がってくれる。嬉しい。

味的には、かなりおいしい・・子供も喜んでどんどん食べます。

あっという間に食べてしまいました。

しかもこれだけ食べて125元(500円しない)とは・・・恐るべし台湾です。

 

 

子連れ旅人でした。