子連れ旅人 旅育のススメ

子連れ海外旅行 クリスマスの台北編 子供が観光に飽きたらいかがでしょう? ミラマーエンターテイメント

子連れ旅人です。

 

子連れの海外旅行第6回目は、2016年のクリスマスに台北に行ってきました。

kozuretabibito.hatenablog.com

十分でランタンを上げたり、美食の街台北で、B級グルメを満喫してきました。やはりクリスマスらしくない過ごし方にはなりましたが、子供は十分に楽しんでくれているようです。

 

ただ、やはり3歳児ともなると観光や美食中心の旅だと飽きが来てしまいます。

そんな時には、子供が楽しめるような場所にちょっと連れて行ってあげると、翌朝からの活動が楽になります。3歳くらいだと特に難しいことを考えなくてもいいと思います。近所の公園でも十分に楽しめますので。

 

今回の旅行で滞在したのは、多少なりともクリスマス気分を味わおうと、欧米系ブランドのホテルを選びました。(普段は地場の面白そうなところを探すのですが)

kozuretabibito.hatenablog.com

 

台北マリオットの近くにそのスポットはあった

今回滞在したのは、台北マリオット。

窓を開ければ大きな観覧車が見えます。

その観覧車があるのがミラマーエンターテイメント(美麗華百楽園)です。

:::Miramar美麗華百樂園:::

f:id:kozuretabibito:20170408110038p:plain

場所は、本当にマリオットから歩いて近く。剣南路駅からも徒歩近くです。

ここのビルの屋上が、ちょっとした子供向けの遊びスポットになっていました。

 

その屋上に行けば・・

モビルスーツというより、映画エイリアンに出てきたローダーというか・・

ロボットに乗れました。

f:id:kozuretabibito:20170408110733j:plain

 

しかも、あのイタリアの跳ね馬フェラーリにも

f:id:kozuretabibito:20170408110828j:plain

汽車も運転し・・・

f:id:kozuretabibito:20170408110925j:plain

船にも・・・

f:id:kozuretabibito:20170408110946j:plain

まさに乗り物ワンダーランドです。

この裏側はちょっとしたゲームセンターにもなっています。

そう、これは昭和時代の駅ビルの屋上な雰囲気いっぱいなんです。

私も子供のころ祖母によく連れて行ったもらったような。

私は懐かしく、子供は大喜びです。

 

この建物自体は、百貨店と一緒になっており、おもちゃ売り場もあります。

 

 

やはり一味違う台湾のおもちゃ売り場

すみません。。

写真を撮っていなかったので掲載できないのですが、このデパートにはおもちゃ売り場があります。販売されているものは日本とそれほど変わりません。

台湾新幹線プラレールなんかも売っていました。一人旅だったらお土産に買って帰るのもいいかもしれません。

トミカなんかは、やはり現地の子供たちにも人気があるようで、遊べるようにトミカシステムのセットなんかが置かれていました。

トミカシステム|トミカ

ここまでは、日本のおもちゃ売り場と同じ。

一味違うのは、、、このセットで遊ぶミニカーは持ち込みだったのです。

まあ、おそらく持っていない子はその売り場で買ってほしいということかもしれません。ただ、よく見ていると結構持ち込んで子供たちが遊んでいます。

うちの子もトミカは大好き。ということで、日本から数台もっていっていました。この売り場にも2台のトミカを持参しており、このセットで大満足で遊び始めます。

 

すると、現地の子供でミニカーを持参していない子が当然出てくるわけです。うちの子が、日本語ですが「貸してあげる」と1台貸して一緒に仲良く遊ぶ・・・

言葉は通じなくても、2人ともとても楽しそうです。お父さんも「謝謝」と嬉しそう。こういう風景っていいな~なんて思って見ていました。

 

台北にも、こういったショッピングセンターに併設の遊び場はいくつかあるかと思います。観光に飽き始めたな~というときには、こういうところを利用してみてはいかがでしょうか?

 

以上、子連れ旅人でした。