読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
子連れ旅人 旅育のススメ

たまには一人旅 格安ビジネス ダイナミックパッケージを使ったバンクーバー編 ~出発はスマートに~

子連れ旅人です。

 

JTBをのダイナミックパッケージを使ったバンクーバーへの旅 ~序章~

を書かせていただいております。

(繁忙期につき、ブログをかける時間が限られているので、5分番組程度の内容の軽さになっていることについては、ご容赦ください。)

 

前回までの話は、こちらから。

kozuretabibito.hatenablog.com

 

睡眠時間をけづり、仕事と、家事をこなしつつ格安ビジネス旅行を達成すべく、日々旅行に向けて過ごす私。多忙になると、次の旅が近づいてくる日もたまに忘れてしまいます。

 

今回の旅は、金曜の夜出発。ということで、金曜は何事もないかのように普通に出勤です。フライトは、羽田発21時45分。ということは、多少の残業が発生しても問題はありません。(サラリーマンたるもの、急な残業に柔軟に対応できる能力は必要です)

ただ、仕事が終わってからいったん自宅に帰り、荷物をピックアップしてから空港に行くような余裕はあまりありません。

そこで、荷物をあらかじめ空港に送っておくことにしました。

こんな私には強い味方。「そうだ、アメックスがあるじゃないか!」

 

雨金祭りと呼ばれた祭りに踊り遅れた私・・ポイントはそれほどもらえなくても、年会費無料の金に輝くカードが私の手元に・・

f:id:kozuretabibito:20170428060032p:plain

このカードのサービスには、空港まで無料で荷物を届けてくれるサービスがついています。

kozuretabibito.hatenablog.com

 

ちなみに、多くのカードで空港から自宅への荷物を無料もしくは割引料金で運んでくれるサービスは付与されています。ただ、自宅から空港へ送ってくれるサービスを提供してくれるカードは、それほどありません。

アメックスでも、グリーンをはじめとした普通のカードにはついていますが、アメックス発行でも話題のspgアメックスにはこのサービスはなかったりします。

f:id:kozuretabibito:20170119001307j:plain

 

5日前の日曜日には、荷物を発送

ただこのサービスが、使いにくい点があります。

荷物のピックアップ時間の枠が、午前中、14時以降~17時、17時~19時といった感じ(すみません正確な時間は失念しました)で、枠が大雑把なのです。配達と異なり、ピックアップ時に居ないと、預けることができなくなってしまいます。

 

今回は、家族にも極力負担をかけたくありまん。一人旅を志す者、家族への配慮は必須です。

f:id:kozuretabibito:20170426054232j:plain

(くどいようですが、あくまでイメージです)

 

となると、確実に家に居る時間・・日曜日です。

ということで、金曜出発なのに、日曜には荷造りをしておきます。仕事帰りでそのまま空港に向かうことも想定し、スニーカー等かさばるものも忘れずに入れておく必要があります。

 

 

子供との時間をたっぷり過ごす

そして、もう一点心が得てている大事なことがあります。

旅に出る前の土日は、できるだけ家族との時間を作ることにしています。

家事もそこそこに、外食などもうまく活用します。妻にも、自由な時間を作れるように心掛け、妻が友人たちに会いに行きたいといえば、見送ってあげるようにしています。

特に子供、、一瞬一緒にくことも考えたのですが、旅費の問題もあります。それに今回の企画は、格安ANAビジネス旅行。3日ほど子供に会えません。これはこれで一人旅の弱点。

子供とできるだけ沢山の時間を過ごすように心掛けました。

 

(私の子供(3歳)の場合、ANAのスタッガートに一人座る姿が私にはどうしても想像できなくて・・甘えん坊のうちの子は、すぐ隣じゃないと恐らく厳しいです。)

f:id:kozuretabibito:20170428062116p:plain

 

 

今朝のJTBダイナミックパッケージ

f:id:kozuretabibito:20170428062551p:plain

目玉商品は、昨日と変わらずですね。

 

他の商品を見てみると、エティハドのヨーロッパがお得なようです。

 

f:id:kozuretabibito:20170428062817p:plain

ロンドンとパリで、2週間分のホテルがついてこの値段なら、結構お得ですね。

これだけ長く現地に居られるのであれば、多少時間のかかる乗り継ぎ便も悪くないかも。

 

www.jtb.co.jp

 

以上、子連れ旅人でした。

 

つづく