子連れ旅人 旅育のススメ

振り返り一人旅(子連れ目線) ~アメリカ イエローストーン国立公園とグランドティントン国立公園編~

子連れ旅人です。

 

これまで、子連れ旅について書いてきました。

当ブログ新企画の「振り返り一人旅」。

当ブログの「子連れ旅を応援したい!」という趣旨から、子連れ旅の目的地としての視点も簡単に加え書いていきたいと思います。

 

第6回目は、アメリカのイエローストーン国立公園とグランドティントン国立公園について取り上げたいと思います。


イエローストーン国立公園 

www.nps.gov

そこは、地球が生きていることを実感できる場所。

そして、不思議な色どりを感じられる国立公園。(ちなみに世界遺産

f:id:kozuretabibito:20170508232852j:plain

f:id:kozuretabibito:20170508233007j:plain

 

イエローストーンとグランドティントンまでの行き方

イエローストーン国立公園には、ジャクソン、コディもしくはボーズマンから車でアクセスが便利です。グランドティントンも訪れたい方は、2つの国立公園が近いジャクソンが便利です。

 

 

旅の概要(旅行時期など)

訪問時期:2011年7月初旬

旅程

  往路:ANA        成田     ー ロサンゼルス
     ユナイテッド航空  ロサンゼルス ー デンバー
     ユナイテッド航空  デンバー   ― ジャクソン

  復路:ユナイテッド航空  コディー   ― デンバー
     ユナイテッド航空  デンバー   ― ロサンゼルス
     ユナイテッド航空  ロサンゼルス ー 成田

 

f:id:kozuretabibito:20170509000032j:plain

f:id:kozuretabibito:20170509000110j:plain

ジャクソンは、バスゲートですらなく徒歩ゲートでした。

 

f:id:kozuretabibito:20170510005859j:plain

帰りのコディーも、徒歩で搭乗でした。

 

ちなみに・・・この旅では、フライトキャンセルで予定通りに目的地につけなかったという問題はありましたが、国際線部分は行きも帰りもビジネスにアップグレード!結構ついている旅でした。

 

宿泊先

1泊目 Renaissane Denver Airport

 

www.tripadvisor.jp

実は予定外の宿泊です。今、何かと話題のユナイテッド航空ですが、当初の目的地だったコディー行きのフライトがキャンセルになり、やむなく宿泊しました。(もちろん、滞在費と食事代はユナイテッド航空持ちです)

f:id:kozuretabibito:20170509000002j:plain

 

2泊目 49er inn and Suites

www.tripadvisor.jp

f:id:kozuretabibito:20170509000249j:plain

 

3泊目 Hilton Garden Inn Bozeman

www.tripadvisor.jp

 f:id:kozuretabibito:20170509000206j:plain

 

4泊目 Beartooth Inn Of Cody

www.tripadvisor.jp

このようなパターンになったのは、広いイエローストーンをそれぞれの入り口から順にゆっくり見ていこうと思っていたからでした。

当初は、コディーからイエローストーンの東側に入り、ジャクソンに抜ける。ジャクソンからグランドティントン国立公園をめぐり、西回りでボーズマンに抜け、最終日はボーズマンからコディーに抜け、イエローストーンを1周することにしていました。

 

レンタカー

残念ながら、このあたりを旅した方は車は必須だと思います。

ただ、運転自体は東京よりもずっとしやすいと思います。

 

 ハーツレンタカー利用で3日間(フルサイズで予約)

 

本当は、コディーから入りコディーで返却という4日間の予約をしていたのですが、フライトキャンセルにつき、2日目に宿泊を予約していたジャクソンからの旅行開始となりました。

あわててユナイテッド航空のラウンジで持参してたPCでレンタカーの予約を取り直し、ジャクソンで借りてコディーに返却としました。

f:id:kozuretabibito:20170509000134j:plain

借りられたのは、シボレーのIMPALAでした。この車結構大きいです。

日本ではそれほど人気の無いアメリカ車ですが、アメリカの広い田舎道を走る時は結構快適で運転しやすいと思います。

 

お勧めのポイント

イエローストーンはとにかく神秘的。

そこらじゅうに温泉がわいて出ています。

しかも・・・

f:id:kozuretabibito:20170509060209j:plain定期的に噴き出します。

写真で見ると分かりにくいですが、後ろの木と比較してみてください。すごい高さまで噴き出しています。

ちなみに・・

f:id:kozuretabibito:20170509060341j:plain

危険地帯だそうです。

 

ということで、気持よさそうだな・・と思っても入ってはいけません。

f:id:kozuretabibito:20170509060427j:plain

 

f:id:kozuretabibito:20170509060505j:plain

ここは、緑色です。

f:id:kozuretabibito:20170509060541j:plain

ここは、青みがかった白。

f:id:kozuretabibito:20170509060621j:plain

これだけ豊かな温泉があると、どこかで入れないかな・・なんて思ってしまいますよね。日本人なら。でもはいれるところはありません。

f:id:kozuretabibito:20170509060741j:plain

綺麗な場所もあれば・・

 

f:id:kozuretabibito:20170509060811j:plain

こんな殺風景なところもあります。

f:id:kozuretabibito:20170509061013j:plainどこか別の星に来てしまったようです。

 

f:id:kozuretabibito:20170510005217j:plain

野生の動物にも出会えますよ。

ボーズマン(モンタナ州)からアクセスするとこんな門から入ります。

f:id:kozuretabibito:20170510005345j:plain

 

f:id:kozuretabibito:20170510005448j:plain

これはまた、別世界の風景ですね。

 

 

グランドティントン国立公園

f:id:kozuretabibito:20170509061451j:plain

 

www.nps.gov

 

ワイオミング州政府観光局いわく、全米で最も美しい国立公園だそうです。
アクセスは、ワイオミング州のジャクソンからイエローストーンに向かう途中にあります。

同じ国立公園でもイエローストーンとは全く違う景色

f:id:kozuretabibito:20170510004757j:plain

 

f:id:kozuretabibito:20170510004858j:plain

綺麗な山々に森林の風景です。

 

 

かかった費用は?

飛行機代が、当時の価格で13.5万円程度(諸税込)
でした。7月でも夏休みが始まる初旬だと比較的安かった印象です。
(ただし、今はもっと高いかと思います)

 

ホテル代は、イエローストーンに近くなるほど高くなる印象です。
特にジャクソンはそれなりの値段です。モーテルでも1泊$180くらいしました。
ボーズマンでも$150程度ですので少し余裕を見た方がいいかと思います。
(恐らくシーズンオフは、かなりやすくなると思います。)

 

レンタカー代は、保険・FUELオプション込みで3日間で$600以上しました。
やはり、人気の国立公園の周辺かつ乗り捨て料金ということもあり高くつきました。

今回も合計、一人25万円程度かかりました。
 

子連れ旅行先としての魅力は?

景色が楽しめ、長時間の車が大丈夫であれば、小さいうちから行っても楽しめると思います。飽きさせないためにも、プールのあるホテルなどを選ばれるといいとおもいます。

また、ジャクソンもコディーも行くまでに大変ですので覚悟は必要かと思います。

ただ、やはりいつかは連れて行きたい場所の一つです。

 

以前ご紹介した、振り返り一人旅です

第1回は、ヨセミテ国立公園でした。

kozuretabibito.hatenablog.com

 

第2回は、メサベルデ国立公園でした。

kozuretabibito.hatenablog.com

 

第3回は、ワシントンDCとその周辺

kozuretabibito.hatenablog.com

 

第4回は、ホワイトサンズ国立公園です。

kozuretabibito.hatenablog.com

 

第5回は、秋田の温泉巡りでした。

kozuretabibito.hatenablog.com

 

そのほか、関連リンクです。

www.visitwyoming.jp

 

 いつか少しはお役にたてれば幸いです。

以上、子連れ旅人でした。