読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
子連れ旅人 旅育のススメ

子連れ旅行 アラスカ編 いよいよ出発の日!(ただし、何かトラブル続き・・)

子連れ旅人です。


5回目の子連れ海外旅行である、アラスカ旅行について書かせていただいております。

kozuretabibito.hatenablog.com


今回のテーマは、「いよいよ出発の日!」です。

アラスカへは、成田発からエアカナダで一旦バンクーバーに飛び、そこからアンカレジ行きに乗り継ぐ計画でした。バンコク旅行以来の成田発です。フライトは夕方の17時出発でしたので、13時過ぎに家を出ることにしていました。今回の旅行では、出発時になぜかトラブルが続きました。教訓と共に書かせていただきたいと思います。

| 久しぶりの成田はスカイライナーを使うも空港までたどり着かず。余裕をもった出発を

この日は、夕方のフライトだったため、ゆっくりに自宅を出ればいいな・・と思っていたのですが、子供は朝から行く気が満々です。
私がかつてアラスカで買ってきた、アラスカの靴下やTシャツを自分で選び、テンションもだいぶ上がっていました。を過ぎたころからは、「早く行こう!」と言い出し始め、「早く行っても、アラスカにつく時間は変わらないよ~」と諭すも、支度して玄関で先に待っていたりします。でも、実はこの行動が後々我が家を救うことになりました。

自宅から空港までの所要時間を確認すると、今回はスカイライナー経由が早いとわかったので、13時過ぎくらいには出発。日暮里経由で成田空港に向かいました。

f:id:kozuretabibito:20170308062105p:plain

途中までは、本当に順調に空港まで向かいます。


ところが、その頃千葉県北西部では結構な雨が降っていたようで、雨の影響で、空港第2ビル駅に到着すると、スカイライナーは運休になってしまいました・・車内アナウンスでは、空港第2ビルから第1ターミナルまでは、無料のシャトルバスを利用してくださいとのこと。シャトルバス乗り場は、大きな荷物を抱えた人たちで長蛇の列。予定よりも、第1ターミナルに着くころには、結構時間がかかってしまいました。

今回は、たまたま第2ターミナルまで到着していたので、被害は軽微で済みましたが、もうちょっと出発が遅れていたら、空港にたどり着くまでにもっと大変な思いをしたことだと思います。子供はそれを予見したのでしょうか。

子連れ旅行の場合は、一人旅に比べてやはり行動が遅くなりがちです。

教訓:余裕をもった行動が、あなたの家族を救います。


| 今回のフライトでは、インボラアップグレードだ!

今回は、初めてのエアカナダの利用です。宅配を依頼していたスーツケース2個をピックアップし、早速チェックインを行います。
すると、私と妻のスタアラゴールド(UAのPremier Gold)のステータスが効いたのか?子供の日頃の行いが良かったのか、プレミアムエコノミーにアップグレードしていただけました。
うちの子は、なかなか持っているようです。


| 出発までは、ラウンジで

出発までは、ANAのラウンジでゆっくり過ごしておりました。
スターアライアンスゴールドを持っていると、ラウンジには無料でアクセスできます。ただし、同伴できるのは1名まで。
子供も3歳からは1名と大人認定されてしまいます。ここで、ミリオンマイラー特典のパートナーも同時にゴールド昇格特典が効きました。
3名無事にラウンジに入ることができました。

子供は、大好きな焼そばやジュースにご満悦です。
しかし、搭乗予定のエアカナダ4便の予定を見ていると、ちょっと不安になってきました。
搭乗予定時刻が変更になり、少し遅くなっているのです。

今回のバンクーバーでの乗り継ぎ時間は、2時間5分。乗り継ぎを考えるとちょっと厳しめです。
それでも、空港会社の側の理由で遅延となった場合なので、多少のなんとかなるそう言い聞かせていたのですが・・


| 予想通りの出発遅延・・・乗り継ぎも余裕をもった計画を

それでも、搭乗予定時刻になりゲートに向かうと、さすがにインボラアップグレードになるような状況ですので、沢山の人でごった返しています。
飛行機に乗り込み、出発を待ちますが、なかなか出発しようとしません。

そのうち、機内アナウンスが・・・
「まだ、搭乗予定のお客様が揃っておりません。もうしばらくお待ちください・・」
え・・・乗り継ぎ厳しいんだけどな・・でも、バンクーバーからの便も待ってくれるよな・・

さらに時間がたち・・・また機内アナウウンスが・・
「お客様が揃いましたが、飛行機を降りたいと希望されるお客様がいらっしゃいます。お客様の荷物を下ろすのに少々お時間が必要です。機内にてお待ち下さい・・・」
やばいです。1時間以上の出発遅延です。計算すると乗り継ぎにかけられる時間は、すでに30分を切っています。
これくらいの時間になると、体は乗り継げても荷物が乗り継げなくなるリスクが高くなります。


なぜか、悪いことは続くようで、このフライトでのトラブルはまだまだ続くのでした。

それでも「早くアラスカに行きたいな~」と言っておとなしく待っている我が子に救われたのでした。


つづく



| 関連記事

子連れ旅の空港までの移動には、大変便利です。空港までのスーツケースの宅配サービスを有効に使いましょう!


kozuretabibito.hatenablog.com