子連れ旅人 旅育のススメ

子連れバンコク旅行手配編 フライト編

子連れ旅人です。

 

第3回目の子連れ海外旅行は、バンコクに行きました。(わが子の年齢は、当時2歳になりたて)

 

kozuretabibito.hatenablog.com

 

今回は、バンコクへのフライト選びについて取り上げてみたいと思います。

 

世界中の旅人が集まる地、バンコクには日本からも多くのフライトが用意されています。そのため、予算や時間、ためているマイルなどから様々なパターンを検討できます。

 

ただ、子連れ旅行の場合、安ければいいというわけではなく、小さな子供の体力を考えるとやはりノンストップ直行便がいいと思います。

それでも6時間を超えるフライトになりますので、個人的には、初めての飛行機での旅行でバンコクを選ぶのではなく、少し飛行機に慣れてからにしておいたほうが無難だと思います。

 

ちなみに、Skyscannerで、東京からバンコクへの直行便の最安値を確認したところ、週末で3泊4日で言った場合の目安は、大人1名42,000円程度~(時価)といったところでしょうか。

 

f:id:kozuretabibito:20170129185839j:plain

kozuretabibito.hatenablog.com

 

 

ちなみに、LCCを利用する場合2歳未満でも座席をする必要があり大人と同じ料金が必要となる場合があるそうです。利用される場合は確認してみてください。

ANAJALなどはInfantで大人の10%、2歳以上なら大人料金の25%Offの子供料金になります。

 

航空券の価格の傾向は、LCCを除くと

タイ国際航空JALANAといった感じでしょうか。

若干タイ航空が安い感じですが、タイ航空の一番安い航空券はANAマイレージは加算対象外であることが多いので注意してください。

 

なお、運賃を気にしない方であれば、羽田の11時発、バンコク発10時前後のフライトが楽です。日本発夕方のフライトだと、23時以降にバンコクにつくことになりますので、小さな子供には負担になるかと思います。

タイ航空なら、帰国時に夜行便がありますので、飛行機でしっかり眠れる子供には、いいと思います。

kozuretabibito.hatenablog.com

 

我が家の場合は、ANAの成田発18時頃ーバンコク着23時頃。帰国は、バンコク発10時30分頃発ー羽田着18時30分頃着のフライトを選びました。

国際線は2歳からは座席が必要になります。

なお、2歳では子供料金が適用され、座席を使っても大人運賃の25%割引の価格になりました。(価格は、たまたま早めに予約したこともあり、7月の夏休みシーズンではありましたが、ANAのサイトで予約し3名で15万円程度でした)

 

子供は、飛行機に慣れてきていたこともあり、また、大好きな水族館と勘違いしていたタイに行けるとあって、とてもご機嫌でした。

 

なお、子供安全を考えて、CARESを購入ししっかり着用しました。

kozuretabibito.hatenablog.com